歴史/施設

ホーム > 観光サーチ > 歴史/施設 > 寺町通り

歴史/施設

寺町通り

今から約400年以上前、織田信長の武将金森長近公が大野へ入封後、京の都に模して碁盤の目の町づくりをはじめました。町の東端にお寺を集めて「寺町」をつくり、そこから西に向かって、五番・四番・三番・二番・本町通りを配置したのです。南北に並んだ約20ヶ寺が、市民のこころの拠り所としての長い伝統をはぐくんできました。現在、「寺町」という名は行政上はありませんが、城下町大野を象徴する町並みとして、人々にやすらぎを与えています。

近くの宿

近くのお食事・お土産

観光に便利です

 歴史/施設に戻る

大野市観光協会について | パンフレット・散策マップ | お知らせ | サイトマップ | お問い合わせ

上に戻る