自然/景観

ホーム > 観光サーチ > 自然/景観 > 刈込池

自然/景観

刈込池

 打波川の上流の願経寺山(標高1,690m)のふもとには、ブナやミズナラなどの原生林に囲まれた幅ヶ平があり、その中に周囲400m、水深最大4.5mの刈込池があります。
その昔、泰澄大師が、白山山頂付近の千蛇ヶ池に棲んでいた大蛇を分けて刈り込み、封じ込めたという伝説から、名づけられたといわれています。
この池に流れ込む小川はありますが、池の水が流れ出るところはありません。
しかし池の水位は一定で、名称の由来といい、周囲の自然を映す静かな水面のなかには、まだまだ人々が知らない神秘が隠れているのかもしれません。

 

 

注意!

◆毎年10月下旬~11月上旬の土・日・祝日は駐車場、道路等が車で非常に混雑する恐れがあります。

◆勝原駅より先は道幅が狭くなります、バス等の大型車両での進入はご遠慮ください。身動きがとれなく恐れがあります。

 ※特に鳩ケ湯より小池公園の道は大変狭くなっています。

◆道幅が狭いために車が行き違いする為の待避所があります。待避所への駐車は禁止となっております。

◆小池公園から刈込池まで約50分、山道を歩くこととなります。足もとが悪い場所や起伏の激しい場所もあります。

また山の天候は変わりやすく昼夜の気温差も大きいです。

お越しになる際は事前に服装や体調管理など、十分な準備をお願いします。

 

 

 

観光に便利です

 自然/景観に戻る

大野市観光協会について | パンフレット・散策マップ | お知らせ | サイトマップ | お問い合わせ

上に戻る